<   2007年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大人の常識力トレーニングDS

2006年 10月26日
開発(任天堂、HAL研究所)
販売(任天堂)
見どころ 遊びながら常識の学習
      Wifiに繋いで全国の平均と比べる

自己ベスト 常識力指数50

完成度 ☆☆☆☆☆
知名度 ★★★★★

今回の調査物は2006年に世にでた任天堂の大人の常識力トレーニングDSだ。
「英語漬け」に続く任天堂の学習ソフト。日本常識力検定協会監修。
1日30問程度のクイズ問題を毎日繰り返し、常識力を養うという内容。
解答した問題は後で解説文を閲覧する事が出来る。問題数は2000問。
文章問題、イラスト問題、漢字書き取り問題、音声聴き取り問題と多彩。
他にもその日に対応した問題や入力した数字を面白い声でしゃべる電卓、
絵・文字合わせパズルも用意されている。また、ワイヤレス通信で対戦、
初めての人へのお手軽版も有り、Wifiに繋ぎ全国の平均値と比べたり、
全国の統計からの問題をプレイすることも可能。複数人でプレイしていると
描いたイラストを展覧会の日に秘書がお気に入りを決めたりとユニークなイベントもある。
スタッフクレジットで流れる工藤ももの常識の歌も面白い。
任天堂DSで162万本以上のセールスを記録した。
by fairladyz_soarer | 2007-02-03 23:47 | ニンテンドーDS | Comments(2)

マリオカートDS

2005年 12月8日
開発(任天堂)
販売(任天堂)
見どころ マリオカート初のワイヤレス8人対戦可能
      Wifi通信対応(4人対戦まで)
      気持ちの良い音楽
      可愛らしいキャラクター
      美しいグラフィック

自己ベスト 2368勝982敗 使用カートはクッパ+タイラントかジャングルカーゴかハリケーン

完成度 ☆☆☆☆☆
知名度 ★★★★★

今回の調査物は2005年に世にでた任天堂のマリオカートDSだ。
人気レーシングゲームシリーズ「マリオカート」の第5作目。Wifi通信対応のキラーソフト。
新規のコースが16コース、旧作から収録の16コースの全32コース。
新アイテムとしてゲッソー、キラーが追加され、グランプリをクリアしていくと
隠しキャラとしてデイジー、ワルイージ、カロン、ファミコンロボが登場する。
おなじみの風船を使ったバトルモードは、DS本体のマイクに息を吹きかけて
風船を膨らますというのがなんとも面白い。
VSモードではチーム戦も出来、ミニゲームのミッションランではボスまで登場する。
VS、バトル共に友達同士によるワイヤレス8人対戦が可能な上、タイムアタックでは
すべてのコースのゴーストが保存可能で友達に受け渡しも可能と至れり尽くせり。
既存のシステムのミニターボやスリップストリームも健在だ。
コースもギミックに富んでいて、ワルイージピンボール、キラーシップ、
チクタクロック、クッパキャッスル等、非常に個性的で面白い。
音楽はタイトル画面の曲とモンテタウンの曲、エンディングの曲がお気に入りだ。
Wifi通信では友達と(フレンドコードを交換した友達。60人まで保存可能)、
ライバルと(戦績が近い相手ではなく、前レースの同順位の人を集めている模様)、
国内のだれかと、世界のだれとでも(日本は赤、北米は青、欧州は緑で表示される)
で検索して相手を探す事が出来る。残念なのが、このWifi通信対戦。
カート差が無ければ完璧なのだが、カロン・カノンとエッグ・ワンの2カートが
強すぎるためにバランスが崩壊している。本来製作者側としては初心者のために
用意したカートだと思うのだが、上級者がこれに目をつけてしまった。
この2カートは悪路による減速が少ない上に、ミニターボの加速時間が驚異的に長く、
アイテムを当てられても立ち直りも早いと弱点知らず。
しかもWifi対戦では重量級の吹っ飛ばし機能は、座標が急激に変わるためか排除されている。
エイトクロスサーキットで常にミニターボを発動させる直線ドリフトや、
スカイガーデンで常にキノコ無しのショートカットをされては、
初心者が勝つのは無理どころか上級者が重量級カートで勝つのも不可能だろう。
これは本来の誰でも楽しめるマリオカートの姿ではないはずだ。
これでは切断者が多いのも致し方ないといったところ。
せっかくたくさんの種類の組み合わせが有り、人によって個性が出るのに
この2カート使用者ばかりで非常にもったいなく感じた。
・・・と最後に苦言が長くなってしまったが、ゲームとして非常に面白く、
友達との8人対戦ならカートの性能等気にならない程に、ごちゃごちゃ混戦バトルとなるだろう。
ぜひ手にとって多くの人に遊んでもらいたい。
任天堂DSで日本で369万本以上、世界を含めて2070万本以上のセールスを記録した。
(*注:Wifi対戦では一部のコースやアイテムが登場しません。
まれに選ぶ事が出来ないコースを選んでくる人がいますが改造によるものです。)
追記:2007年現在のWifi対戦ではアイテム無限使用や排気量変更等の悪質な改造者が蔓延り、
実質まともな勝負は不可能という状況になっているようです。
by fairladyz_soarer | 2007-02-02 00:46 | ニンテンドーDS | Comments(0)

ニンテンドーDS

ここで少しニンテンドーDSの歴史をおさらいしてみよう。
任天堂の「ニンテンドーDS(ダブルスクリーン)」は、大ヒットした携帯ゲーム機「ゲームボーイアドバンス」の
後継機として2004年12月2日に15000円で発売された。
なんと1982年に発売された同社の「ゲーム&ウォッチ」以来となる2つの液晶を搭載し、
下画面はタッチスクリーンになっていてペンや指で操作する事が出来る。
前年に発売された「ゲームボーイアドバンスSP」の液晶はフロントライトだったが、
「ニンテンドーDS」の液晶はさらに明るいバックライトになっていて画面が見やすくなっている。
本体にはワイヤレス通信機能が標準装備されていてケーブルを繋ぐ煩わしさから開放されている。
ピクトチャットというワイヤレス通信を利用したお絵描きチャット機能が内蔵されているほか、
GBAから引き続き誰かがソフトを1つ持っていれば対戦可能となる「1カートリッジ対戦」や、
店頭のDSステーションで体験版や追加データを受け取れる「ダウンロードサービス」、
スリープ状態にしておく事で出来る「すれちがい通信」等すべてワイヤレスで行う事が出来る。
DSの隠し玉、「簡単、安心、無料」がテーマのインターネットへワイヤレスで接続してオンライン対戦が可能な
Wifi通信が2005年11月23日発売の「おいでよ動物の森」で開始され、全国の離れた人と遊べるようになり、
2005年12月8日発売の「マリオカートDS」では米国や欧州等の世界中の相手と通信対戦できるようになった。
この他、音声を拾うマイクも搭載されていて、GBAとの互換性もあるためGBAのゲームも出来る、と抜かりがない。
乾電池はもう使わない為に充電用ACアダプタが最初から付属で付いていて、
折りたたみ式で外部からの衝撃から液晶を守る配慮もなされている。
2004年2月21日に発売された「プレイやん」を使用するとSDカードに入れた音楽とムービーをDSで再生出来る。
2007年11月20日には「ワンセグ受信アダプタDSテレビ」が発売され、DSでテレビ放送を観る事が出来る。
2005年に発売された同社の「脳を鍛える大人のDSトレーニング」が大ブームとなり、
実用的な教育ソフトが過去のゲーム機で例が無い程に発売され、女性や子供を含めて社会現象となった。
二画面、タッチ操作、音声認識、すれちがい通信、オンライン通信、これでもかと詰め込まれた新しい要素に加え、
バックライトによりGBAと違い適度な明るさで楽しむ事が出来る為に視力が落ちるという事も抑えられ、
多くの実用的な学習ソフトにより大人が抱く「ゲーム=悪い物」というイメージを取り払った名機である。
任天堂製品のヒットの要因はそれだけではなく、作りこまれた良質なソフトにより積まれた信頼と昔ファミコンで
ゲームを遊んでいた子供が子を持つ年になり、ゲームへの理解が在る大人が増えた事も忘れてはならないだろう。

2006年3月2日に軽量・薄型化され、明るさ調整機能を付けた「ニンテンドーDS Lite」が16800円で販売された。
液晶の質が良くなったが外観や十字キーとボタンが少し安っぽくなってしまった。指紋が目立つのも難点。
また、本体が小さくなった代償としてGBAのカセットを挿すと外側にカセットがハミ出てしまいかっこ悪い。
とはいえ次のDSiからGBAが遊べなくなった為に現状最高性能の液晶でGBAを楽しめる機種という側面もある。
2008年11月1日にカメラ機能とSDメモリーカードスロットが追加された「ニンテンドーDSi」が18900円で販売された。
液晶サイズが大きくなり、音質も向上し、ニンテンドーDSi専用ソフトをダウンロード購入する事が出来る。
しかしその分バッテリー持続時間が短くなり、GBAスロットも廃止されてしまった。
その為にGBAスロットを利用する62作品ものDSゲームに影響を与えてしまっている。
2009年11月21日に液晶サイズをさらに大きくした「ニンテンドーDSiLL」が20000円で販売された。
液晶の視野角が向上しバッテリー持続時間は戻ったが、重量がDSの中で一番重くなってしまった。
新機種が出る度に価格がどんどん高くなっていってるのも気にかかる所だ。
任天堂DSは2012年3月までに日本で3296万台以上の販売数を記録した。
任天堂DSは2012年3月までに世界で1億5106万台以上の販売数を記録した。
by fairladyz_soarer | 2007-02-01 00:38 | ニンテンドーDS | Comments(0)