<   2006年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ボンバーキング

c0022442_2255142.gif
1987年 8月7日
開発(ハドソン、エイコム)
販売(ハドソン)
見どころ 自爆

自己ベスト クリア

完成度☆☆☆
知名度★★★★


今回の調査物は1987年に世にでたハドソンのボンバーキングだ。
名作「ボンバーマン」の流れを汲む外伝的な作品。ボンバーマン同様箱絵が相変わらずかっこいい。
プレイヤーはアンドロイドのナイトを操作し、異星人に侵食された惑星アルタイルを救うのが目的。
Aボタンはショット、Bボタンは爆弾の設置に使用する。
セレクトボタンで手に入れたアイテムを選んで使用する事が出来る。
地形を爆弾で破壊すると出現するアイテムは種類がたくさんあり効果も豊富。有効に活用しよう。
ナイトがアルタイルの環境破壊をしてるんじゃないかと疑問だが気にしないようにしよう。
階段で地下に降りるとたくさんのアイテムがあるが、中は暗闇なのでキャンドルかランプは必須。
とにかくキャンドル、爆弾、体力回復アイテムは命綱なので絶対に切らさないようにしよう。
壁を壊して入るアイテム部屋や所持アイテムが倍になる泉がステージには隠されている。
秘宝とカギを入手すると出口が開く。ナイトはまるで盗賊みたいだが気にしないようにしよう。
ナイトはバイタリティ制だが、このゲームにおいて頻繁に経験するのが自分の爆弾による自爆。
爆弾は設置してから爆発するのが前作に比べ異様に早く、ナイトは爆風に巻き込まれればまず即死。
さらに何故か時間と共にナイトの体力は減っていき、雑魚敵の攻撃2発で死亡する事もある。
どこがキングだ。きわめつけは最初の1機のみで1UPは無い。全8ピリオドの27面。
1面をクリアするのにもかなりの爆弾の爆破が必要なので死ぬと再プレイする気を大きく削ぐ。
後半ステージになると秘宝やカギだけでなく壊せる壁をひたすら探す事になり袋小路でハマリもある。
難易度が高いとかそういう問題じゃない。「ヘクター'87」といい、一体ハドソンに何があったのか。
PCエンジン用ソフトの開発で忙しいのはわかるが、これは酷評されるのも致し方ないだろう。
爆弾のダメージを軽減して、その場復活の3機制にするか、爆弾の回数制限を失くして起爆時間を
今の3倍に(ショットを当てると即起爆できる)するだけで随分世間の評価も変わったんじゃないかと
思うだけにもったいない。デモプレイを見るとすべて自分の爆弾で死んでいるのが笑える。
ゲームプレイ中の曲には歌詞が付いていて、1面をクリアするとカラオケモードが追加される。
実はこのゲームは元テクモのスタッフが独立して設立したエイコムによる「コルドール」というタイトルの持ち込み作品であり、
ハドソンのプログラマーの笹川敏幸(「迷宮組曲」の作者)が、全面的に作り直して「ボンバーキング」として発売されたという事実が判明している。
エイコムは翌年に「魔境伝説」(ハドソンと共同)、「突然!マッチョマン」とユニークな設定のゲームを制作している。
by fairladyz_soarer | 2006-03-21 01:10 | ファミリーコンピュータ

ヘクター'87

c0022442_13333739.gif
1987年 7月16日
開発(ハドソン)
販売(ハドソン)
見どころ 気持ちの良い音楽

自己ベスト 252500 2面

完成度☆☆☆
知名度★★★★


今回の調査物は1987年に世にでたハドソンのヘクター'87だ。
沙羅曼蛇のように奇数面が縦スクロール、偶数面が横スクロールに変化するシューティングゲーム。
第3回全国キャラバン対象ソフト。キャラバン用に2分と5分でスコアを競うモードが搭載されている。
プレイヤーは自機「ノア」を操作し、過去の世界の謎のバイオメカを駆逐するのが目的。
ところでこのゲームのストーリー、ノアを含む時間旅行社の調査船団3隻が3000年前に旅立った所、
謎のバイオメカ軍に急襲され2隻を失った為に戦うらしいのだが・・・歴史変えまくり。
スピードアップ等のパワーアップアイテムは一切無く、対地・対空攻撃の初期装備のみ。
自機はバイタリティ制。特定の建造物に地上弾を当てると耐久力回復カプセルが出現する。
体当たり狙いの敵が多く、自機は一気にダメージを喰らう為、バイタリティ制の意味があまり無い。
堅い敵が多く、無数の弾を吐いて後方からもガンガン飛来してくる。死ぬとステージの最初から。
難易度は非常に高い覚えゲー。全6面。2周目からは自機がボンバーキングに変化する。
by fairladyz_soarer | 2006-03-20 00:42 | ファミリーコンピュータ

夢工場ドキドキパニック

c0022442_20224596.gif
1987年 7月10日
開発(任天堂、SRD)
販売(フジテレビ)
見どころ 引っこ抜きアクション

自己ベスト イマジンでクリア

完成度☆☆☆☆
知名度★★★★


今回の調査物は1987年に世にでたフジテレビの夢工場ドキドキパニックだ。
フジサンケイグループのイベント「夢工場'87」とのタイアップで生まれた作品。
宮本茂や近藤浩治など「スーパーマリオブラザーズ」の制作メンバーで開発されていて、
新たに入社1年目の紺野秀樹(デザイナー。後の「スーパーマリオカート」の生みの親)も参加している。
プレイヤーはイマジン、リーナ、ママ、パパを操作し、マムーによって絵本の世界にさらわれた
ピキとポキを救出するのが目的。後に他作品でも有名になるヘイホーとボム兵とキャサリンが初登場。
特筆すべきはやはり道に生えている草(抜くとカブで驚き)や敵を持ち上げて投げつけるという
斬新なアクションだ。ボスのキャサリン戦では飛ばした卵に飛び乗って持ち上げるのが意表を突く。
ステージ構成も変化に富み、グラフィック等は一切の無駄のない作り。ただちょっと地味か。
後半エリアになると仕掛けが露骨にプレイヤーを殺しにくるのでイライラ度は高い。
使用キャラクターによってジャンプ力、ジャンプ飛距離、力が違うのが面白い。
すべてのキャラクターでマムーを退治するとベストエンディングになる。全7エリア。
海外ではキャラクターがマリオ達に差し替えられ、「スーパーマリオブラザーズ2」として発売されている。
(これは日本でもファミコン末期の1992年9月に「スーパーマリオUSA」として発売されている)
by fairladyz_soarer | 2006-03-19 00:39 | ファミコン ディスクシステム

月風魔伝

c0022442_1156173.gif
1987年 7月7日
開発(コナミ)
販売(コナミ)
見どころ 気持ちの良い音楽
      美しいグラフィック

自己ベスト クリア

完成度☆☆☆☆
知名度★★★★

今回の調査物は1987年に世にでたコナミの月風魔伝だ。
その世界観があまりにナムコの「源平討魔伝」に似ていた事から話題になったアクションゲーム。
プレイヤーは月 風魔を操作し、奪われた3本の波動剣を取り返し、兄の仇の龍骨鬼を倒すのが目的。
魔物を倒すと剣の攻撃力が上がり、金を貯めて店でアイテムを買う等、アクションRPGに近い。
フィールド画面で進行ルートを決め、鳥居に入るとアクション画面に切り替わる。
アクション画面でスタートボタンを押すと手に入れた武器やアイテムを選んで使う事が出来る。
風魔は当たり判定が大きく、敵の攻撃を避けづらい。敵を斬ると点滅中は横を通り抜けられるが、
その通り抜けられる時間が短いので結局は余計なダメージを喰らうという悪循環に陥りやすい。
「源平討魔伝」だけでなく、シンボルエンカウントステージは「リンクの冒険」も参考にしているか。
後半に手に入る魔性のコマは「メトロイド」のスクリューアタック。ここまでやると潔い。
波動剣を守るボスのダンジョンは3Dダンジョン面になり、ロウソクを使わないと周りが見えない。
3Dダンジョン内でも敵は出現し、ランダムではなく固定。戦闘も様変わりしなかなか凝っている。
鬼面符(通行手形)を守るボス戦で画面端に近付くとその場から出てしまうのはイライラする。
また、武器変更時に本来の武器の効果が出ないというプログラムミスがある等、作りは粗い。
とはいえアクション画面のグラフィックはやたら凝っているし、敵の種類も豊富。フィールド曲は名曲。
とにかく序盤がきついゲームだが、波動剣を取った後は敵を一撃で倒せるようになり非常に快感。
by fairladyz_soarer | 2006-03-18 07:38 | ファミリーコンピュータ

北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ

c0022442_18581795.gif
1987年 6月27日
開発(ログインソフト)
販売(アスキー)
見どころ 気持ちの良い音楽
      素晴らしいシナリオ

自己ベスト クリア

完成度☆☆☆☆
知名度★★★★

今回の調査物は1987年に世にでたアスキーの北海道連鎖殺人オホーツクに消ゆだ。
パソコン雑誌ログインと堀井雄二の共同企画から始まり、
1984年にPC-6001で発売されたパソコンゲームをファミコンにリメイクした作品。
リメイクにあたって設定が大幅に変更されていて、BGMも流れるようになっている。また、
キャラクターイラストがファミ通で「べーしっ君」を連載していた漫画家の荒井清和の絵に変わっている。
シナリオは堀井雄二、作曲はファミ通のゲヱセン上野が担当している。
北海道の名所を舞台にした本格推理アドベンチャーゲーム。
プレイヤーは警部として東京・北海道で起こる連続殺人事件の犯人を探し出すのが目的。
捜査は足だと言わんばかりにフラグ立てにたらいまわしにされ、詰まりどころも多い。
特にミニゲームのブラックジャックをして勝たないと次に進めなかったり、
捜査を一時中断してまた再開する事で次のイベントが発生する等、かなりいやらしいひっかけがある。
(とはいえ後者はアイデア自体は秀逸。宿泊をうながすような台詞があればよかった。)
現地に取材に行ったらしく、説得力のある舞台に練られたシナリオはさすが。ダンジョンも皆勤賞。
by fairladyz_soarer | 2006-03-17 07:33 | ファミリーコンピュータ

スマッシュピンポン

c0022442_5311425.gif
1987年 5月30日
開発(コナミ、任天堂)
販売(任天堂)
見どころ 卓球

自己ベスト レベル3

完成度☆☆☆☆
知名度★★★


今回の調査物は1987年に世にでた任天堂のスマッシュピンポンだ。
元々は1985年のコナミのアーケードゲーム「コナミのピンポン」の移植だが、
開発途中で販売中止になったものを任天堂が協力する事で発売に漕ぎ着けた作品。
タイトル画面や客席に居たペンギンがディス君やドンキーコングに差し替えられている。
十字キー右でカット、左でドライブ、上でスマッシュが打てる。ボタンはバックハンドに使用する。
2プレイヤー対戦プレイ可能。ファミコンで問題なくコナミのピンポンが出来る。
イン、アウト、ネット、デュースのボイスが新たに追加されており、クリアな音声が素晴らしい。
by fairladyz_soarer | 2006-03-16 00:27 | ファミコン ディスクシステム

迷宮寺院ダババ

c0022442_2592430.gif
1987年 5月29日
開発(コナミ)
販売(コナミ)
見どころ 独特の操作感

自己ベスト 3-4

完成度☆☆☆
知名度★★★


今回の調査物は1987年に世にでたコナミの迷宮寺院ダババだ。
元々はゴッドリーブ社のアーケード作品「Qバート」を移植する予定だったが、
先行販売されたMSX版があまりに売れなかった為に中止され別物となった作品。
プレイヤーは修行僧シヴァを操作し、邪神ダババにさらわれたターニャを助けるのが目的。
変なタイトルだが、カンガルーのように常にピョンピョンと移動するゲーム性も非常に個性的。
Aボタンはその場ジャンプに使用し、Bボタンはショットに使用する。
Aボタンを押しっぱなしにして移動すると大ジャンプになる。アクションゲーム。全4エリア。
各エリアにあるプレートを踏みつけて破壊し、隠されているアイテムを取ると次のエリアの扉が開く。
ステージは理不尽な罠だらけのかなり陰険な作り。独特のクセもあって操作には慣れを要する。
パターンゲームな為にパズル風な印象を与える。ゲーム内容よりもインパクトのある名前で有名。
ちなみに版権を得とくしている「Qバート」は海外ではコナミの米国子会社ウルトラゲームズからNESで発売されている。
by fairladyz_soarer | 2006-03-15 00:32 | ファミコン ディスクシステム

ファミリージョッキー

c0022442_265842.gif
1987年 4月24日
開発(ナムコ)
販売(ナムコ)
見どころ 可愛らしいキャラクター
      競馬

自己ベスト 5戦4勝 獲得賞金8000万 エクスプレス

完成度☆☆☆☆
知名度★★★★

今回の調査物は1987年に世にでたナムコのファミリージョッキーだ。
プレイヤーは個性的な16頭の馬から騎乗する馬を選択し、全16のレースを勝ち進むという内容。
馬選択画面でセレクトボタンを押すと、次ページの他の馬も選択出来る。
Aボタンはムチを使っての加速、Bボタンは障害物を跳び越すジャンプに使用する。
4着以内にゴールすれば次のレースに参加する事が出来る。障害物レースも登場する。
道中にはアイテムが落ちており、取ると馬をパワーアップする事が出来る。
重馬場など天候の影響も有り、コーナーのインコースは荒れ地でスピードが落ちる等、面白い。
基本的に逃げ有利で体当たり等の走行妨害をして勝ち進む事になる。
障害物レースでジャンプした瞬間に後続の馬にタックルされ、落馬して失格にされる事も多く、
また、飛ばし過ぎるとスクロールが追いつかなくなり、先が見えないのはどうにかならなかったのか。
2プレイヤー対戦プレイ可能。ファミリーモードではおまけ程度だが、賭けも楽しむ事が出来る。
by fairladyz_soarer | 2006-03-14 00:18 | ファミリーコンピュータ

探偵 神宮寺三郎 新宿中央公園殺人事件

c0022442_440891.gif
1987年 4月24日
開発(データイースト、酒田SAS)
販売(データイースト)
見どころ 気持ちの良い音楽

自己ベスト クリア

完成度☆☆☆
知名度★★★★


今回の調査物は1987年に世にでたデータイーストの新宿中央公園殺人事件だ。
後にシリーズ化するハードボイルドな探偵が活躍するアドベンチャーゲームの1作目。
プレイヤーは探偵神宮寺三郎を操作し、新宿中央公園で絞殺死体となって発見された
歌舞伎町のホステス、高田桃子を殺害した犯人とトリックを見破るのが目的。
助手の御苑洋子、警部の熊野参造と主要キャラクターが非常に立っていて、
現実社会を舞台とした世界観と物語にシリーズを通して深みを与える事に成功している。
神宮寺はヘビースモーカーで、煙草を吸うと頭が冴えるという発想も渋くかっこいい。
だが、データイーストのアドベンチャー1作目という事もあり、まだまだこなれてなく、
とってつけたような中央公園での捜査や無茶なトリック、強引なフラグ立てと粗は目立つ。
特に何もない所であたりをみて探す中央公園派出所を見つけるのはかなり厳しい。
また、見つけたとしても日付が悪かったり、熊野警部が一緒ではなかったりすると
重要な情報をもらえないという三重の罠は、やりすぎだ。
by fairladyz_soarer | 2006-03-13 00:14 | ファミコン ディスクシステム

愛戦士ニコル

c0022442_1505398.gif
1987年 4月24日
開発(コナミ)
販売(コナミ)
見どころ 気持ちの良い音楽
      美しいグラフィック

自己ベスト ステージ5

完成度☆☆☆☆
知名度★★★★

今回の調査物は1987年に世にでたコナミの愛戦士ニコルだ。
プレイヤーは天才少年科学者ニコルを操作し、ダイラス星の独裁者「牛魔王」に奪われた
異次元空間移動装置を取り返し、恋人のステラを救出する事が目的。探索型アクションゲーム。
隠された3つのクリスタルダイヤモンドを手に入れると次のステージに進む事が出来る。
セレクトボタンで全体にダメージを与えるコスモボールを使う事が出来る。
あまりにマヌケなデモが笑えるが、コナミらしく中身はしっかりとしている。全7面。
ただし少しのスクロールですぐに復活する雑魚敵はかなりうざい。
by fairladyz_soarer | 2006-03-12 00:37 | ファミコン ディスクシステム