<   2004年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

アテナ

c0022442_10233713.gif
1986年 7月稼働 
開発(SNK)
販売(SNK)
見どころ 美しいグラフィック

自己ベスト 24650

完成度 ☆☆
知名度 ★★★★


今回の調査物は1986年に世にでたSNKのアテナだ。
プレイヤーは幻想界に迷い込んだアテナ姫を操作し、帝王ダンテを倒す事が目的。
2つのボタンは、攻撃とジャンプに使用する。
アテナ姫はスタート直後は激弱だが、敵やブロックを破壊して装備を入手する事で強くなっていく。
武器は剣、棍棒、ハンマー、鉄球、弓、杖。防具は鎧、盾、兜が在り、色によっても性能が違う。
この他にも道具アイテムが20種類も存在する。靴を取るとジャンプが3段階に変化する。
アテナは体力制で敵から攻撃を受けて体力が無くなればミスになる。体力はハートで回復する。
この姫様、鉄球を振り回したり全身鎧の重装備をしたりと怪力である。
中でも炎の剣のインパクトは絶大。ゲーム内容はクセが強過ぎて大味で理不尽気味。全8面。
by fairladyz_soarer | 2004-09-12 02:22 | アーケード | Comments(0)

スラップファイト

c0022442_2182228.gif
1986年 7月稼働 
開発(東亜プラン)
販売(タイトー)
見どころ 美しいグラフィック
      ヘルパーを2P側で操作出来る

自己ベスト 214270

完成度 ☆☆☆☆
知名度 ★★★




今回の調査物は1986年に世にでた東亜プランのスラップファイトだ。
前年の同社「タイガーヘリ」に続いて登場の縦スクロールシューティングゲーム。
プレイヤーは超光速戦闘機レオパルドを操作し、人工頭脳ガウディーを破壊するのが目的。
2つのボタンはショットとパワーアップに使用する。敵を倒すと出現する☆を集める事で、
任意に自機をパワーアップ出来る。コナミの「グラディウス」を参考にしている。
ウイングを装着していくと当たり判定がほぼ2倍になり、一撃死な本作では致命的なのは罠なのか。
圧倒的にホーミングミサイルが有利等、バランスには疑問が残る。
敵が地上物のみで地味だが、操作性が良い為スピードを3段階以上上げての弾避けが非常に熱い。
だが後方からいきなり現れると同時に弾を撃ってくる敵は勘弁してほしい所。敵弾も多過ぎ。
初期武器のみで進めて行くとヘルパーが出現し、2P側のボタン押しっぱなしで操作が出来る。
スタート時に弾を1発も撃たずにミスすると2機目がフルパワーアップになる事で有名。
by fairladyz_soarer | 2004-09-11 02:28 | アーケード | Comments(0)

アルカノイド

c0022442_22302396.gif
1986年 7月稼働
開発(タイトー)
販売(タイトー)
見どころ 復活したブロックくずし

自己ベスト 37450

完成度 ☆☆☆☆
知名度 ★★★★★




今回の調査物は1986年に世にでたタイトーのアルカノイドだ。
米国のアタリが開発した1972年の「ポン」を発展させた1976年の「ブレイクアウト」から始まり、
日本でも多くの会社から発売されブームを巻き起こしたブロックくずしゲームのリバイバル作品。
パドルコントローラでスペースクラフト「バウス」を操作し、反射するエナジーボールを
下に落とさないようにしながらすべてのスペースウォール(ブロック)を破壊するとステージクリア。
ルールはお馴染みだが、ステージ中にはボールが当たるとボールの軌道を変える敵キャラクターや
7種類の多彩な効果があるアイテムが出現し、飽きさせない工夫が為されている。
最後の面ではボスの異次元要塞DOHが待ち構えている。全33面。
難易度は高く、かなりの動体視力と反射神経を要求されるがSFの世界観に透明感のある反射音、
そしてなんといっても誰にでも分かる単純なルールが一般客に受けて、3万台の大ヒット作品となっている。
by fairladyz_soarer | 2004-09-10 00:07 | アーケード | Comments(0)

ソロモンの鍵

c0022442_1723697.gif
1986年 7月稼働
開発(テクモ)
販売(テクモ)
見どころ 何も無い所に魔法で足場を作る
      奥の深いパズルゲーム

自己ベスト 117800

完成度 ☆☆☆☆☆
知名度 ★★★★

今回の調査物は1986年に世にでたテクモのソロモンの鍵だ。
プレイヤーは魔法使いダーナを操作し、魔の星座宮に踏み込んで、
悪霊たちを封じ込める魔法書「ソロモンの鍵」を探し出すのが目的。
2つのボタンは、換石の術と火球の術に使用する。固定画面アクションパズルゲーム。
ダーナは換石の術で、石を出したり消したりする事が出来、それによって敵の進路を変えたり、
新たな移動ルートを確保する事が出来る。鍵を取って扉に入るとステージクリア。全50面。
マンダの壺を取ると回数に限りはあるが火球の術を使えるようになり、敵を倒す事が出来る。
ライラックの鐘を取ると扉から妖精が出現し、10人集めると1UPする。
多彩なテクニックが存在し、このゲームの奥の深さを証明している。テクモを代表する名作。
by fairladyz_soarer | 2004-09-10 00:06 | アーケード | Comments(0)

エンデューロレーサー

c0022442_10314459.gif
1986年 7月稼働 
開発(セガ)
販売(セガ)
見どころ 筺体を持ち上げてウィリー
      起状の激しいアップダウン

自己ベスト 1651597

完成度 ☆☆☆
知名度 ★★★

今回の調査物は1986年に世にでたセガのエンデューロレーサーだ。
「ハングオン」に続いて登場。モトクロスを題材とした体感レーシングゲーム。
黄色のバイク型筺体を実際に引っ張り上げてウィリーをする(ほぼ垂直まで)という派手な作品。
操作にはハンドル型コントローラとアクセル、ブレーキを使用する。
ステージはモトクロスらしくアップダウンの激しいコースが多く、コース上には岩などの障害物も在る。
コースには段差のあるジャンプポイントが在り、ここでウィリーをすると大ジャンプが出来る。
ジャンプ後は突っ込む体勢になるのでウィリーで車体を微調整して着地しないとコケてしまう。
他にも池に落ちたり敵車やコース内外の障害物に接触してクラッシュすると大幅にタイムロスになる。
任天堂の「エキサイトバイク」とタツミの「バギーボーイ」を足して割ったような内容。
制限時間内にチェックポイントを通過するとタイムが加算される。全5ステージ。
筺体が重くて度重なる引っ張り行為で疲労度が凄く、難易度の高さも相まって人気はいまいちだった。
小型のシットダウンタイプも稼働したが、2ヶ月後に登場した同社の「アウトラン」に人気を奪われた。
大型筺体は筺体価格が高く、消費電力や設置のスペースも取るので店側が元を取るには
1プレイ200円にしたうえで回転率を良くする為に難易度も上げざるを得ない。
しかしユーザー側としたら2倍もお金を払っているのに即ゲームオーバーになったら不愉快だ。
初心者とスーパープレイヤーの両方を顧客として両立させる、その対策の為に
ナムコやタツミは初級~上級の難易度の異なるコースを最初に選択出来るように工夫している。
この作品はアイデア先行で配慮が無い上、難易度が高過ぎで逆に回転率を落としている悪い例。
by fairladyz_soarer | 2004-09-09 21:57 | アーケード | Comments(0)

沙羅曼蛇

c0022442_5183073.gif
1986年 7月稼働 
開発(コナミ)
販売(コナミ)
見どころ 美しいグラフィック
      横スクロール+縦スクロール

自己ベスト 427000

完成度 ☆☆☆☆
知名度 ★★★★★

今回の調査物は1986年に世にでたコナミの沙羅曼蛇だ。
大人気「グラディウス」の続編。多方向スクロールシューティングゲーム。2プレイヤー同時プレイ可能。
1プレイヤーはビッグバイパーを、2プレイヤーはロードブリティッシュを操作し、
沙羅曼蛇軍に攻められている惑星ラティスを救うことが目的。
ステージは横スクロールと縦スクロールを交互に繰り返して進行する。全6面。ステレオFMサウンド。
あの「グラディウス」の続編という事で気合が入っていて、なんとも豪華で贅沢な作品。
前作ではパワーカプセルを集めて任意で自機をパワーアップさせるのが特徴的だったが、
今作では敵がそのままパワーアップアイテムを落とすようになっている。少し残念。
また、ミスした際に戻り復活ではなく、やられたその場ですぐに復活する。
太いネジのようなレーザーや細胞地帯の牙、火炎地帯のプロミネンスの迫力が凄い。
威圧する蛇のポスターに高い難易度等、「グラディウス」ファンへの制作者からの挑戦状だ。
ただ当たり判定が大雑把。自機のスピードが早過ぎて壁に追突してしまう事故が多く、制御が困難。
処理落ちが激しかったり、大味気味で体当たり狙いの敵が増えて覚えゲーになった点は賛否両論か。
by fairladyz_soarer | 2004-09-09 20:01 | アーケード | Comments(0)

熱血硬派くにおくん

c0022442_1861864.gif
1986年 5月稼働
開発(テクノスジャパン)
販売(タイトー)
見どころ ヤンキーのケンカ

自己ベスト 57400

完成度 ☆☆☆
知名度 ★★★★★



今回の調査物は1986年に世にでたテクノスジャパンの熱血硬派くにお君だ。
不良のケンカを題材にした格闘アクションゲーム。
熱血高校のくにおを操作し、熱血高校前でボコボコにされたヒロシの仇をとる為に闘うのが目的。
3つのボタンは左に攻撃、ジャンプ、右に攻撃に使用する。ダッシュ攻撃やジャンプキック、
敵を掴んで投げたり、倒れた敵に馬乗りになってパンチをする事も出来る。
ジャンプキックが強く、バランスが良いとは言い難い。しかし雰囲気作りは素晴らしい。
1面のボスは花園高校のリキ。大勢で寄ってたかって襲い掛かってくる。
こいつらはタイマンという言葉を知らないようだ。2面は暴走族、3面はスケ番、4面はヤクザが相手。
今までに無い身近な題材をテーマとした事で若者に受け、大ヒット作品となった。
by fairladyz_soarer | 2004-09-09 00:38 | アーケード | Comments(0)

アルゴスの戦士

c0022442_7113285.gif1986年 5月稼働
開発(テクモ)
販売(テクモ)
見どころ 美しいグラフィック
      硬派な世界観
      特殊武器ディスカーマー

自己ベスト365470

完成度 ☆☆☆☆
知名度 ★★★★

今回の調査物は1986年に世にでたテクモのアルゴスの戦士だ。
社名をテーカンからテクモに変えて心機一転で登場の任意横スクロールアクションゲーム。
プレイヤーはアルゴスの戦士を操作し、悪の支配者獣王ライガーを倒すのが目的。
2つのボタンはヨーヨーのような武器ディスカーマーでの攻撃とジャンプに使用する。
レバー上+攻撃ボタンで円状にディスカーマーを振り回し、攻撃する事が出来る。
敵は踏みつけることも出来る。5種類の闘神インドラの紋章を手に入れればパワーアップ出来る。
たまにディスカーマーが伸びきらないことがあるのは操作性が良いんだか悪いんだかわからない。
敵の名前がウルフ一族やカーネル、技の名前が塔狼縦撃波等、世界観は人気漫画「北斗の拳」の
影響を受けている。多重スクロールする背景や夕焼けをバックに闘うという演出がかっこいい。
ロープをよじ登るステージ等、面構成がよく練られていて、敵の攻撃パターンも多彩。全27面。
来た道を逆走するとタイムの減りが早くなり、タイムが無くなると永久パターン防止の敵キャラクターが
新たに出現するが、容易に避ける事が可能なので本来の役目を果たしていない事で有名。
スーパープレイヤーによる1プレイで2時間を超える長時間プレイは店側の利益も下がり、
すぐに基板交換されたり難易度を上げたりする事によるゲームの短命化、待ち時間の超過等、
この時期からアーケードでは多過ぎる面数の自粛やループゲームの廃止等の対策をメーカーに求められている。
by fairladyz_soarer | 2004-09-09 00:22 | アーケード | Comments(0)

MR.五右衛門

c0022442_254416.gif
1986年 5月稼働 
開発(コナミ)
販売(コナミ)
見どころ 気持ちの良い音楽

自己ベスト 52000

完成度 ☆☆☆
知名度 ★★★


今回の調査物は1986年に世にでたコナミのMR.五右衛門だ。
プレイヤーは天下の大泥棒で義賊の石川五右衛門を操作し、権力者の金を奪い、
追っ手から逃げながら市民にお金をばら撒き回るのが目的。横スクロールアクションゲーム。
2つのボタンはキセルでの攻撃と入手したアイテムを投げるのに使用する。
レバー上下での段移動がカプコンの「ソンソン」を想わせる。
追っ手に一定時間捕まったり、飛び道具攻撃を喰らったり、水に落ちるとミスになる。
お月さんが右に消える前にチェックポイントに到達すればステージクリア。ボスも登場する。全4面。
アイテムの種類はたくさんあるが、どれも敵に投げつけるばかりで効果は同じ物が多い。
ゲームは非常に単調で、後1つ何かアイデアが欲しかった所。
しかし後のファミコン版で内容は違えど大ヒットしたので大きな意味があった作品と言える。
by fairladyz_soarer | 2004-09-08 00:35 | アーケード | Comments(0)

スクランブルフォーメーション

c0022442_951983.gif
1986年 4月稼働
開発(タイトー)
販売(タイトー)
見どころ 美しいグラフィック

自己ベスト294800

完成度 ☆☆☆
知名度 ★★★




今回の調査物は1986年に世にでたタイトーのスクランブルフォーメーションだ。
東京上空を舞台とした東京観光縦スクロールシューティングゲーム。
2つのボタンはショットとフォーメーションチェンジに使用する。
僚機を付けている状態だとフォーメーションチェンジをする事が出来、
対空専用と対地専用に攻撃を変更する事が出来る。
2つのボタンを同時押しすると僚機をボムとして発射する事が出来る。
このゲームのウリは、すさまじい描きこみの背景描写だ。まさにドット絵による職人芸。
しかし場所によってグラフィックレベルの差が激しいのが難点。テンポが悪く、敵弾も見辛い。
by fairladyz_soarer | 2004-09-08 00:34 | アーケード | Comments(0)