<   2004年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

マッハライダー

c0022442_1352746.gif
1985年 11月21日
開発(任天堂、HAL研究所)
販売(任天堂)
見どころ バックミラー搭載
      硬派な世界観

自己ベスト 22930

完成度 ☆☆☆☆
知名度 ★★★★


今回の調査物は1985年に世にでた任天堂のマッハライダーだ。
マッハライダーを操作し、暴徒の妨害を防ぎながら新天地を求めて走り続けるのが目的。
十字キー上下でギアチェンジ、Aボタンでアクセル、Bボタンはマシンガンに使用する。
同社の「F-1レース」発売から1年経ち、オリジナリティが在り、バックミラーまで搭載している。
モードは3種類在り、どのモードもあまり変わり映えはしないが全40コース用意されている。
難易度は高く、カーブ上にある障害物を避けるのは至難の技。100発という弾数制限が在るが
バイクにはマシンガンを搭載しているので、邪魔な障害物や敵車はこれで蹴散らそう。
マッハライダーは障害物にぶつかると粉々になってしまう。しかし散らばった破片が合体し、
何もなかったように元に戻って走り出す。なんだそれは。ファイティングコースでは残機制になる。
デザインモードでオリジナルコースの作成も出来る。非常に渋く、硬派なレースゲーム。
by fairladyz_soarer | 2004-07-15 00:19 | ファミリーコンピュータ

ハイパーオリンピック 限定版

c0022442_1856521.gif1985年 11月16日
開発(コナミ)
販売(コナミ)
見どころ バカ殿
自己ベスト 100M 9秒37
        走り幅跳び 8M94
        110Mハードル 11秒88
        ヤリ投げ 95M73

完成度 ☆☆☆☆
知名度 ★★★

今回の調査物は1985年に世にでたコナミのハイパーオリンピックだ。
アーケードからの移植。ハンマー投げと走り高跳びが容量の関係で削除されて競技は4種目。
人気テレビ番組「8時だョ!全員集合」の志村けんのバカ殿様用に作られた特別バージョンだったが、
反響が大きかった為に一般販売される事になった。2プレイヤー対戦プレイ可能。
通常版との違いは走者がバカ殿になっている他、種目セレクトが出来るようになっている。
by fairladyz_soarer | 2004-07-15 00:15 | ファミリーコンピュータ

忍者じゃじゃ丸くん

c0022442_11281712.gif
1985年 11月15日
開発(トーセ)
販売(ジャレコ)
見どころ 忍法ガマパックンの術

自己ベスト 134890

完成度 ☆☆☆☆
知名度 ★★★★★


今回の調査物は1985年に世にでたジャレコの忍者じゃじゃ丸くんだ。
「忍者くん」の番外作品として登場の任意横スクロールアクションゲーム。
じゃじゃ丸くんを操作し、裏切り者のなまず太夫にさらわれたさくら姫を救出することが目的。
敵は8体登場する。新敵キャラクター登場時の「~登場」の演出がかっこいい。
破壊出来るブロックの中にはアイテムが隠されていて、敵を轢けるトロッコや
透明で無敵になる薬ビン、手裏剣の射程距離が伸びるハイパー手裏剣等がある。
爆弾は取るとミスになる罠アイテム。アイテムを3つ揃えると、忍法ガマパックンの術が使える。
残り時間が少なくなると、なまず太夫が上から爆弾を落としてきて邪魔してくる。全21面。
「忍者くん」同様、手裏剣を無駄使いしないでクリアするとボーナス得点が入る。
さくら姫の落とすさくらの花びらを3枚集めると、なまず太夫との一騎打ちが始まる。
基本的には「忍者くん」のシステムを踏襲した作品だが、演出の良さがゲームを引き立てている。
by fairladyz_soarer | 2004-07-14 22:15 | ファミリーコンピュータ

キン肉マン マッスルタッグマッチ

c0022442_1492534.gif1985年 11月8日
開発(トーセ)
販売(バンダイ)
見どころ 可愛らしいキャラクター
      ハメ

自己ベスト 延々と続くのでラウンド12で放棄

完成度 ☆☆☆
知名度 ★★★★★


今回の調査物は1985年に世にでたバンダイのキン肉マン マッスルタッグマッチだ。
人気漫画「キン肉マン」をゲーム化した作品。2プレイヤー同時プレイ可能のアクションゲーム。
主人公のキン肉マンをはじめ、テリーマン、ロビンマスク、ウォーズマン、バッファローマン、
アシュラマン、ラーメンマン、ブロッケンJr.の中から好きな超人を選んでタッグを組む事が出来る。
Aボタンでパンチ、Bボタンでジャンプをすることが出来る。
ジャンプキックも可能でロープを使えばジャンプパンチ、背後を取ればバックドロップも出来る。
各超人には固有の必殺技が用意されていて、ミート君がセコンドから投げるパワーボールを
受け取ると使えるようになる。主役のキン肉マンは相手の背後を取るとキン肉バスターが使える。
性能ではテリーマンのブルドッキングヘッドロックが最強なのが意外性があって面白い。
1人用モードは超人同士でタッグを組み、ただ延々と戦うだけ。リングステージは3種類。
ブロッケンJr.の毒ガス等、初めてハメという言葉を生んだ偉大なゲーム。
ファミコンで100万本以上のセールスを記録した。
by fairladyz_soarer | 2004-07-13 00:43 | ファミリーコンピュータ

チャレンジャー

c0022442_811466.gif
1985年 10月15日
開発(ハドソン)
販売(ハドソン)
見どころ 空飛ぶクジラ

自己ベスト 49100

完成度 ☆☆☆
知名度 ★★★★★


今回の調査物は1985年に世にでたハドソンのチャレンジャーだ。
1983年に英国のZXスペクトラムで発売された「ストップ ジ エクスプレス」をリメイクした作品。
考古学者のナイフ使いを操作し、ドン・ワルドラドにさらわれた王女マリアを救い出すのが目的。
一発死の最初のステージとは、うって変わって2ステージ目では探索型の体力制になる。
冒険者には罠が付きものとはいえ、罠多すぎ。しかも理不尽。全4ステージ。
どこかで見たようなキャラクターが多い。火の玉は「ドンキーコング」、鳥は「アイスクライマー」か。
他映画作品等。クラシックBGM「軍隊行進曲」で新幹線に飛び乗る最初のシーンが、やはり印象深い。
by fairladyz_soarer | 2004-07-12 00:42 | ファミリーコンピュータ

ルート16ターボ

c0022442_7481273.gif
1985年 10月4日
開発(サン電子)
販売(サン電子)
見どころ 気持ちの良い音楽
      個別マップと全体マップ

自己ベスト 43000

完成度 ☆☆☆
知名度 ★★★★

今回の調査物は1985年に世にでたサン電子のルート16ターボだ。
1981年に同社が発売したアーケードゲーム「ルート16」をファミコンにリメイクした作品。
マッドエックスを操作し、カンハルー軍団が盗んだ盗品を奪還すべく16の部屋を回るのが目的。
部屋を出ると全体マップに変わる。すべてのアイテムを取るとステージクリア。
基本は敵車との追いかけっこで、敵に接触したり燃料が無くなるとミスになる。
ボタンはターボに使い、敵車を引き離すことが出来る。フラッグを取ると無敵になる。
セレクトボタンで難易度の変更が出来、音楽も変わる。音楽が非常に個性的。
by fairladyz_soarer | 2004-07-11 00:40 | ファミリーコンピュータ

スーパーマリオブラザーズ

c0022442_615194.gif1985年 9月13日
開発(任天堂、SRD)
販売(任天堂)
見どころ 可愛らしいキャラクター
      気持ちの良い音楽
      美しいグラフィック
      Bダッシュ
自己ベスト 全ステージクリア

完成度 ☆☆☆☆☆
知名度 ★★★★★

今回の調査物は1985年に世にでた任天堂のスーパーマリオブラザーズだ。
世界で最も有名なゲームソフト。国内で683万本、世界を含めて4024万本の販売本数を記録する。
プレイヤーはマリオを操作し、最後に待ち構えるクッパを倒し、ピーチ姫を救い出すのが目的。
ステージは空中面や水中面など変化に富み、キノコを取るとマリオが大きくなったり、
豆の木が出てきたり土管に入ってワープする等、不思議な世界が子供だけではなく大人にも大ヒット。
ブロック破壊やコイン出現の爽快感、数々の隠し要素で世界中の人々を虜にさせた。
何よりもプレイヤーを段階的に上達させるための練りに練られたステージ構成が素晴らしい。
キャラクター人気も凄まじく、マリオ、ルイージ、ピーチ、キノピオ、クッパ、クリボー、ノコノコ、
パタパタ、トゲゾー、メット、ジュゲム、ハンマーブロス、ゲッソー、プクプク、キラー等、非常に個性的。
偽クッパをファイアーボールで倒すと誰が化けていたかが判るという要素も細かい。
ゴール時の打ち上げ花火はタイムの下1ケタが1・3・6の時に数字分の回数が打ち上げられる。
ゲームオーバー時にAボタン+スタートボタンでコンティニューをすることが出来る。
2周目からは敵キャラクターのスピードが上がり、クリボーがメットに変化する。
「ゲーム&ウォッチ」ではゲーム1本の開発期間が1ヶ月でファミコンソフトも平均2~3ヶ月の制作ペースだったが、
他社から多くのゲームが出た事で余裕が出来、「スーパーマリオブラザーズ」は1年間の開発期間を持って作られている。
開発は宮本茂(「ドンキーコング」、「デビルワールド」、ファミコン版「スパルタンX」、「エキサイトバイク」のデザイナー)と
入社1年目で「デビルワールド」のお手伝いをしたデザイナーの手塚卓志(コースデザインを宮本茂と共同で担当)と
同じく入社1年目で「デビルワールド」で音楽を担当した任天堂初の音楽専門の作曲家である近藤浩冶。
プログラマーはSRDの中郷俊彦(後のSRD社長。メインプログラマー)と森田和明(強敵ハンマーブロスの生みの親)。
ちなみにプログラムを担当したSRD社(1979年設立)は元々ビジネス用の事務計算ソフト等を作っていたが、
ファミコンで採用されたCPUである6502のプログラムを書ける事がきっかけで、任天堂にソフトのプログラムを頼まれ、
ファミコン版「ドンキーコング」「ドンキーコングJR.」「麻雀」「ドンキーコングJR.の算数遊び」「エキサイトバイク」の
プログラムを担当し、以後長きにわたって任天堂を支えているセカンドパーティである。
by fairladyz_soarer | 2004-07-10 00:37 | ファミリーコンピュータ

バトルシティー

c0022442_5364232.gif
1985年 9月9日
開発(ナムコ)
販売(ナムコ)
見どころ 司令部を守る

自己ベスト 63300

完成度 ☆☆☆☆
知名度 ★★★★


今回の調査物は1985年に世にでたナムコのバトルシティーだ。
1980年に発売した同社のアーケードゲーム「タンクバタリアン」をリメイクさせた作品。
タンクをパワーアップするアイテムや川や森などの地形が追加されている。
規定数出現する敵をすべて破壊するとステージクリア。
こちらの司令部を破壊されると即座にゲームオーバーになる。全35面。
2プレイヤー同時プレイが可能。協力プレイが楽しい。オリジナル面の作成も可能。
by fairladyz_soarer | 2004-07-09 00:36 | ファミリーコンピュータ

ジャイロ

c0022442_0363940.gif
1985年 8月13日
開発(任天堂、岩崎技研工業)
販売(任天堂)
見どころ ファミコンロボと連動

自己ベスト 87320 10面

完成度 ☆☆☆
知名度 ★★★★


今回の調査物は1985年に世にでた任天堂のジャイロだ。
「ブロック」に続いて登場のファミリーコンピュータロボットと連動するアクションパズルゲーム。
ヘクター博士を操作し、マップに置かれた多数のダイナマイトを回収するとステージクリア。
敵に触れたり、タイムアップでダイナマイトが爆発したり、脱出不能場所に入るとミスとなる。
赤カブを拾って敵のスミックに与えると、スミックはカブを食べだして横を通り抜ける事が出来る。
ステージには赤と青のゲートが通路を塞いでおり、ここでファミコンロボの出番である。
スタートボタンで信号発信モードになり、Aボタンで青の光信号、Bボタンで赤の光信号を発信して
ロボットを遠隔操作する事が出来る。信号を受けたロボットがホルダーに置かれたコマを
各色のトレイに乗せる事で設置した2Pコントローラが押される仕組みになり、対応したゲートが開く。
頻繁にゲート開閉が必要で、コマを移動させるロボットの動作が遅い為に非常に待たされる。
自分で2Pコントローラボタンを直接押してもゲートの開閉が出来る。つまりロボットの存在価値無し。
ロボット無しの方が非常に快適なので純粋にアクションパズルとして遊んだ方が楽しい。全40面。
ゲームBモードでは寝ぼけた博士をゴールまで誘導するゲームになる。全25面。
ゲーム中にセレクトボタンでポーズをしてスタートボタンを押すとタイトルに戻る事が出来る。
ゲームAモードのみモードセレクト画面でBボタンを押すとクリアに関わらず面セレクトが出来る。
ロボット対応作品を無理やり作りましたと言わんばかりの任天堂らしからぬ安易な企画だが、
海外では本体と同時発売の影響もあり、その目新しさからなかなかのヒット作となっている。
開発を担当したのは横井軍平(技術部長兼デザイナー)と成広通(後の「ファミコンウォーズ」のプログラマー)。
by fairladyz_soarer | 2004-07-09 00:04 | ファミリーコンピュータ

内藤九段 将棋秘伝

c0022442_4572943.gif
1985年 8月10日
開発(セタ)
販売(セタ)
見どころ 将棋
      泣きながら「待った!」

自己ベスト 78手で勝利

完成度 ☆☆☆
知名度 ★★★

今回の調査物は1985年に世にでたセタの内藤九段将棋秘伝だ。
将棋は初心者で練習したいけどコンピュータは強いから嫌だという人が
プレイするにはうってつけのファミコン初の将棋ゲーム。私は将棋は全然強くないのだが、
なんと飛車と角を奪われたのに勝ってしまった。いいのかそれで。
相手はロボットで表示され、自分の顔もなんだか間抜けで可笑しい。
効果音が気持ち良く、CPUの思考時間が短いのもポイントが高い。
Bボタンで泣きながら「待った!」が出来るのも見苦しくて良い。
駒の移動等の基本的な説明をしてくれるモードは無く、細かい設定変更等も出来ない。
将棋が強い人には物足りないのでその点は注意しよう。
by fairladyz_soarer | 2004-07-08 06:53 | ファミリーコンピュータ