カルカソンヌ

2007年 6月27日
開発(シエラオンラインゲームス)
販売(マイクロソフト)
見どころ Xbox Live対応(5人対戦まで)
      奥の深いボードゲーム
      硬派な世界観

自己ベスト 実績 175/200

完成度☆☆☆☆
知名度★★★★

今回の調査物は2007年に世にでたシエラのカルカソンヌだ。
2001年のドイツボードゲーム賞で大賞を受賞し、人気を博した作品のゲーム化。
古代ローマ時代の実在するフランスの城塞都市カルカソンヌを舞台としている。
全72枚・24種類の地形が描かれたタイルを左右上下のタイルと合うように交互に置いていき、
都市、道路、修道院、牧場の土地の所有権を争う。XboxLiveアーケード配信ソフト。
プレイヤーは最初から7つの駒を所持し、その駒を土地に置くことによって所有権を得る事が出来る。
所有権を得た状態で土地を完成させるとポイントが入り、置いた駒が戻ってくる。
つまり駒を置かないと土地を完成させても自分にポイントが入ってくる事はない。
しかし欲張って完成していないあちこちの土地に駒を置きすぎて手持ちの駒を0にすると
せっかくの得点チャンスを逃してしまう。最終的に駒を余らせるのも非常にもったいない。
都市は大きければ大きい程ポイントが高いが、他のプレイヤーが所有している小さい都市に途中で
くっ付けられ、置いた駒の数によって共有・または奪われる可能性があるのが面白い。
他にも複雑な地形を近くに置いて、完成させにくくする妨害工作などの駆け引きもある。
最後に決算が行われ、所有権を持った完成途中の土地や牧場で得たポイントが加算され、
最終的にポイントが一番高い人の勝ちとなる。牧場で一気に大逆転という可能性も大いにある。
オンライン対戦に対応し、最大5人まで参加出来る。また、XboxLIVEビジョンカメラにも対応している。
ルールを追加する拡張キットも2つ用意されている(有料で各300マイクロソフトポイント)。
ローカライズ(翻訳)や効果音も良く、戦略性と偶然性が非常にバランス良くマッチしている秀作。
by fairladyz_soarer | 2007-03-11 20:34 | XBOX360
<< N+ パックマン チャンピオンシップ... >>