トゥームレイダー レジェンド

2006年 10月5日
開発(クリスタルダイナミクス)
販売(スパイク)
見どころ 奥の深いアクションパズル

自己ベスト クリア 難易度ハード
       実績 1000/1000

完成度 ☆☆☆☆
知名度 ★★★★

今回の調査物は2006年に世にでたトゥームレイダーレジェンドだ。
映画でも大人気の主人公ララ・クロフトが活躍するアクションアドベンチャーゲームの7作目。
PS2で発売された前作「トゥームレイダー美しき逃亡者」が完成度において酷評された事もあり、
開発は今までの英国のコアデザインから変わり、米国のクリスタルダイナミクスが担当している。
1作目「トゥームレイダース」の生みの親トビー・ガードが開発に復帰した事が何よりも心強い。
ララは非常に小気味良く動き、ツタにぶら下がったり、大車輪をしたり、ワイヤーで物を動かしたり、
箱を蹴飛ばしたり、水中を泳いだりと動かしているだけで楽しいアクションゲームの
ツボをしっかりと押さえている。ステージはすべてロード無しのシームレスで展開し、
高所でのロッククライミングが満載で、足場やルートを探すのに夢中になり、
謎解きに頭を悩め、気付けばハマってしまう「プリンスオブペルシャ」や「ICO」のような熱中度がある。
敵との戦闘時に空中で敵を蹴り飛ばすとスローモーションの状態で銃撃出来る演出がかっこいい。
回避ボタンを連打すると出る派手なアクションも気持ち良い(実用性は無いが)。
ただ、ムービーシーンでタイミングよくボタンを押す演出が多々あるのだが、
いきなりLと表示されてもLトリガーを押すのか左に移動しろというLeftのLなのか分かり辛く
(正解は後者)、失敗すれば即死なうえ長いロード時間に見舞われるのはいまいち。
ただ、この時のララの豪快な死にっぷりから即ロード画面という流れはかなり笑えてしまう。
カメラは自動で動くので手動で頻繁にカメラを動かしていると補正がかかり酔いやすいのが難点。

ララといえば毎作3Dモデルの顔が不細工な事で有名だが、今作はXBOX360での発売という事で
かなり美人に変貌している。ララの顔が怖い!と言えなくなったのは寂しいがやはり嬉しい要素だ。
水場から出ればララの顔は濡れているし、地面を転がりまくれば汚れもつく。ライトの光源もリアルだ。
ララの声は映画などの吹き替えでも活躍する本田貴子さんが担当している。
非常に落ち着いた色っぽい声質を持ち、仲間のジップやアリスターの声もバッチリ合っている。
素晴らしいローカライズだ。キャラクタープロフィール画面でララとアマンダに誤字があるのはご愛嬌。

基本的にステージ構成は遺跡の探索中心。もちろんトラップが満載で攻略手段も
豪快なアイデアで度肝を抜かれる。ステージに日本の東京があるのも嬉しい。
途中バイクに乗って列車を追ったり、フォークリフトを操作したりするシーンもある。
また、本編以外にララの屋敷を探索するお遊びが復活し、これもなかなかやり応えがある。
ステージ各所にはその入手難易度に応じてブロンズ・シルバー・ゴールドのリワードが
隠されていて、特にゴールドの隠し場所は巧妙で見つけ出すのは非常に困難。
本編をクリアした後はこれらすべてのリワード探しや、タイムアタックに挑戦する事になる。

高難易度で有名だったシリーズだが、今作はゲーム初心者でも出来る作品に生まれ変わった。
難易度の変化に戸惑う人も多いだろうが、操作にてこずるのではなく、手軽で爽快感の高い
アクションで謎解きにじっくり集中出来るようなゲーム性に変化したのは進化と言っていいだろう。
ただ、難易度ハードは往来のシビアなバランスでマニアに応えたほうがより良かったと思う。
オンライン要素が無いのは寂しいが、お約束の隠しコスチュームはたくさん用意されているぞ。
by fairladyz_soarer | 2007-03-05 20:18 | XBOX360 | Comments(0)
<< ブルードラゴン デッド オア アライブ4 >>