パックマン チャンピオンシップエディション

2007年 6月6日
開発(バンダイナムコゲームス)
販売(バンダイナムコゲームス)
見どころ トリップ進化のパックマン

自己ベスト 実績 200/200

完成度☆☆☆☆☆
知名度★★★★

今回の調査物は2007年に世にでたナムコのパックマン チャンピオンシップエディションだ。
2007年にニューヨークで開催されたパックマン世界大会用に作られたパックマンの最新作。
XboxLiveアーケード配信ソフト。世界中のプレイヤーとスコアを競う事が出来る。
大きな変更点としてラウンドクリア形式から制限時間までにスコアを競う形式に変化している。
繋がった2つのマップを行き来し、片方のエサをすべて食べると反対マップにフルーツが登場し、
そのフルーツを食べると反対マップが変化するの繰り返し。その為、飽きずに続ける事が出来る。
パックマンがゴーストを食べる際に画面が一瞬振動し、これまで以上に爽快感がある。
敵を食べ、パワーエサの効力がなくなる前にパワーエサを続けて食べる事で点数のコンボが出来る。
新要素としてカーブ方向にあらかじめ方向キーを入力しておく事でパックマンが火花を放ち、
普段よりも短時間でカーブを曲がる事が出来、追ってくるゴーストを引き離す事が出来る。
コースは5分が2つ、10分が4つの6モードから選ぶ事が出来、暗闇でパックマンの周囲しか
地形が分からないモード等、アイデア満載でどれもマップの作りが非常に凝っていて面白い。
常に新たなマップが出現し、高速スピードも手伝ってトリップ感を生み出している。名作。
by fairladyz_soarer | 2007-03-10 00:41 | XBOX360
<< カルカソンヌ ピンボールFX >>