パーフェクトダーク ゼロ

2005年 12月10日
開発(レア)
販売(マイクロソフト)
見どころ Xbox Live対応(32人対戦まで)
      気持ちの良い音楽

自己ベスト クリア 難易度Secret Agent
       実績 680/1000

完成度☆☆☆☆
知名度★★★★

今回の調査物は2005年に世にでたレアのパーフェクトダークゼロだ。
英国のレア社開発のXBOX360本体同時発売ソフト。販売はマイクロソフト。
任天堂64の名作「パーフェクトダーク」の続編。ファーストパーソンシューティング。
今作はゼロという事で主人公のジョアンナがパーフェクトダークと呼ばれるようになる前のお話。
前作で登場したDr.キャロルやジョナサン、キャリントン協会やデータダイン社も登場する。
「パーフェクトダーク」のウリはマルチプレイ対戦の面白さとリロードアクションのかっこよさ。
今作もリロードアクションに非常にこだわっていてかっこよく、マルチプレイ対戦も充実している。
ミッションモードは画面を2分割して友達と出来、オンライン協力プレイにも対応している。
コンバットは画面を4分割してのマルチプレイが可能で、オンライン対戦に対応している。
(なんと画面4分割マルチプレイをしながらオンライン対戦に参加も出来る)
ミッションは難易度によって任務が増え、色々なルートの構築が可能で
協力プレイでは協力ならではの仕掛けが増える等、マップ構成がよく練られている。
コンバットの対戦マップではおなじみの化学工場や寺院も登場する(要ダウンロード)。
BGMは前作と同じDavid Clynickが手掛けている。一貫したテーマがあり、洗練されている。
使用テレビに合わせて標準、液晶、プラズマ、プロジェクターから選んで明度を調整出来る。
(私の場合プラズマテレビを選んだが、画面が暗く、逆に見づらくなってしまったので戻したが)
前作の上体傾けの代わりに物陰に隠れるカバーと緊急回避するダイブが追加されている。
また、武器によっては第三武器モードも用意されている。

オンライン対戦は最大32人まで対戦可能で、死んでも何度でも復活出来るデスマッチ、
死んだら復活無しでラウンド形式で勝負するダークオプスから選ぶ事が出来る。
デスマッチでは倒した敵の数を競う個人戦「キルカウント」、
倒した敵の数を競うチーム戦「チームキルカウント」、
敵のフラッグを奪い、自分の陣地に運ぶ「キャプチャー ザ フラッグ」、
テリトリーを支配する「テリトリーゲイン」から選択出来る。
ダークオプスでは敵チームを全滅させたら勝ちの「エラディケーション」、
陣地の守備と攻撃を交互に行い最後まで生き残った者が勝ちの「オンスロート」、
感染プレイヤーと非感染プレイヤーで争う「インフェクション」、
ターゲットアイテムの守備と攻撃を交互に行う「サボタージュ」から選択出来る。
乗り物の有無や武器のカスタマイズ、CPUも参加させたりと非常に細かい設定が出来る。
自チームと敵チームのチームカラーを自分の確認し易い色に変更する事が出来る。
チーム戦ではテレポーターの奪い合いやホバークラフトでの仲間輸送が熱い。
ただこのゲーム、プレイヤーマッチでの対戦成績が戦績に反映し、実績が解除出来てしまう。
これは「リッジレーサー6」も同じだが、ランクマッチに人が集まらない原因になっている。
上級者は強制解散されるランクマッチでプレイするよりも自由が利くプレイヤーマッチに集まり、
初心者やFPSが苦手な人がオンラインに参加するにはきつい状況になっているのが現状だ。
待ち伏せしている敵を覗きに行くカムスパイが対戦で使えないのは残念。

ここからは苦言を少々。
カバーは表示されるのが遅く、動作もトロいのでいまいち使い勝手が良くない。
前作はAボタン押しっぱなしで任意の武器にすぐチェンジ出来たが、
今作はYボタンで順番に武器を変える事しか出来ない。
第三武器モードはややこしいので必要ないような気もする。
XBOX360でも相変わらずキャラがすべったように歩いている。そこは進歩してほしい。
ジョアンナの顔がOPムービーと実際のゲーム画面と全然違う。前作とも違い過ぎ。
難易度のバランスがいまいち。物語やシチュエーションも前作の方が良かったような。
ローカライズが非常に丁寧で好感触だが、ジョアンナ・ダークの声に女優の釈由美子を
起用したのには疑問が残る。話題作りの為だろうが正直全然うまくなく、台無し。
XBOX360の本体言語設定を英語に変えると本場の英語ボイスで楽しむ事が出来る。
結構酔う。きつい人はオプションでカメラの振動をオフにしておこう。

確かに「パーフェクトダーク」なのだが、どこかプレイしていて気持ちよくない。
プラットフォームも変わり、前作の開発者がすでにかなり退社している影響はやはりあるようだ。
とはいえマルチプレイの楽しさは相変わらずで友達とのプレイは大いに盛り上がるぞ。
by fairladyz_soarer | 2007-03-03 01:23 | XBOX360 | Comments(0)
<< デッド オア アライブ4 リッジレーサー6 >>