ギアーズ オブ ウォー

2007年 1月18日
開発(エピックゲームス)
販売(マイクロソフト)
見どころ Xbox Live対応(8人対戦まで)
      硬派な世界観
      美しいグラフィック

自己ベスト クリア 難易度Insane
       実績 840/1250

完成度☆☆☆☆
知名度★★★★★

今回の調査物は2007年に日本で発売されたギアーズオブウォーだ。
昨年11月に海外で発売され、400万本を売り上げた大作。開発は米国のエピックゲームス。
18歳以下には販売禁止のZ指定ソフト。3人称視点のアクションゲームだ。
プレイヤーは英雄マーカス・フェニックスを操作し、地底人ローカストと戦うという内容。
基本は隊員4人で行動し、体力は時間によって自動で回復する。武器は4つまで持てる。
途中から隊員に指揮する事が出来る。指揮する必要ないんじゃないかと思うくらい必要ないが。
Aボタンで障害物に身を隠すカバーアクションをする事が出来る。
ワンタッチで状況に合わせて多用な動作が可能で、動きに重厚感もあり素晴らしいが、
緊急回避も同じボタンの為に、横に避けようとしたら障害物に張り付いてしまったりと甘い点も。
標準装備のマシンガンにはチェーンソーが付いていて、Bボタンを押しっぱなしにして
敵に触れる事で発動し、敵を真っ二つに出来る。障害物に隠れた状態で大雑把に撃つ
「ビハインドファイア」という攻撃が新しい(初出はナムコの「キルスイッチ」?)。
リロード時にメーターのタイミングを合わせる事でリロード時間が短縮し、攻撃力が上がる
アクション要素がある。スナイパーライフルで一撃で相手をダウンさせる時などに重要だ。
ローカスト兵の「人間だ!」「リロード中」「ドカーン!」等の愛嬌あるボイスが面白おかしい
(ガソリンスタンドのおじいさんも)。ステージ構成は非常に多彩で、演出もよく練られている。
キャンペーンモードは画面を2分割して友達と協力出来るだけでなく、オンラインにも対応している。
自分がダウンしても友達が引き起こしてくれれば復活するのでテンポが良く、抜群に楽しい。
日本向けの字幕・ボイスもバッチリ合っており、ローカライズがしっかりしている。
日本版は敵の内臓・骨が見えなくなり、切断面などが黒く表示される修正が施されている。

オンライン対戦はCOGチームとローカストチームの2つに分かれ、最大8人で対戦出来る。
ダウンしたら仲間に助けてもらうチームサバイバル「Warzone」、
ダウンしても自力で復活出来るチームサバイバル「Execution」、
自チームのリーダーを守り、相手チームのリーダーを倒す「Assassination」、
やられても何度でも復活出来る陣地取り「ANNEX」の4種類のルール、全12ステージから選ぶ。
人数が少ないうえに、ANNEX以外は死亡したらそのラウンド中は復活出来ない。
かなりストイックで人を選ぶだろう。レーダーは無く、仲間の居場所は方向のみ分かる。
敵と仲間の背格好、体形が似ているので混戦時の敵味方の判断がしづらい。
部屋主側のチームがヒット判定で圧倒的に有利になる等、海外プレイヤーとの対戦は破綻気味。
特に段差を乗り越える時に何度も何度も段差を空中で乗り越えようとする不具合は失笑ものだ。

映像は非常に美麗でリアルリアルと謳っているが、銃撃で破壊できる小物は一部だけで
壁や照明や便器などは黒い跡が残るだけ。オブジェの中にキャラクターの手が埋まったり、
ACT3で、ふと仲間を見たら穴の上に立ってたり、爆発などのエフェクトは
境界線が見えてしまっていたりと旧世代のゲームかよと思ってしまう所も多々ある。
演出シーンで動作がガタガタになったり、移動中にロード中と表示されて止まる部分がある。
AIは賢いと言うが、かなりの頻度で仲間の隊員が障害物に引っ掛かって付いてこれない。
ファーストプレイ時に最初のダッシュをするチュートリアルで、敵の死骸を転がして遊んでいたら、
橋から落ちて障害物をすりぬけるバグゾーンに突入した時は唖然とした。
また、普通に歩いてる状態でカメラがぐらぐら揺れるので長時間のプレイがつらく、
人によっては酔いやすいだろう。ダッシュなんかしたらさらに悲惨である。
新品なのに初回版の缶ケースや設定資料集には傷が目立ち、付属DVDには不具合がある。

ありきたりな言葉だが、まさに映画みたいなゲーム。ものすごい臨場感だ。
しかし細かい所が大雑把な所はやはり海外製ゲーム。調整不足によるバグもやたら多い。
とはいえ日本人には作れないだろうこの海外作品独特の雰囲気は非常に魅力的だ。
XBOX360の本体言語設定を英語に変えると本場の英語ボイスで楽しむ事が出来るぞ。
by fairladyz_soarer | 2007-03-08 00:42 | XBOX360 | Comments(0)
<< ジェットパック REFUELLED ロストプラネット >>